仕事と会計資格

簿記2級に合格して未来を選ぼう!会計系の仕事で活躍するための攻略法

簿記2級は会計系の仕事には目標となるステージです。内容も中規模会社レベルに変わります。専門家とも話せる水準なので、税理士や公認会計士への挑戦を考える人もいるかもしれません。きちんと勉強しなければ合格は望めませんが、その価値はあります。
仕事と会計資格

簿記3級に合格して数字に強くなる!初めての会計資格の攻略法

会計系資格の登竜門である日商簿記3級。これにいかに合格するか・・と考えると失敗します。あくまで2級合格のためのステップ。それでも未経験者には資格の内容をよく知り、計画的に学ぶ必要があります。合格までの勉強方法についても解説します。
仕事と会計資格

簿記の資格は勉強するべき?将来AIに置き換えられるスキルは必要ない?

近い将来、経理の仕事は人工知能に置き換えられるかもしれません。定型作業が多いうえに、すでにソフトウェアの導入も進んでいるからです。いずれデータ連携が進めば必要な人手が大幅に減少する可能性はあります。それでも会計の知識を身に付けるべき?
仕事と会計資格

大誤解!簿記を学んでも経理で働いても決算書は読めるようにならない!

大誤解!簿記を学んでも経理で働いても決算書は読めるようにならない! 会計系の資格は、社会人にとっては 一般教養として認識されている気がします。 簿記を学べば決算書が読める? いいえ。それは簿記を学んでいない人の幻想です。 ...
仕事と会計資格

仕事に資格を活かすには?時間をムダにしない資格取得の戦略とは

自己研鑽のつもりで資格取得に励む人がいます。その意気は買いますが役に立つ資格でしょうか。趣味に分類されてしまうレベルでは自己満足以外のメリットに乏しいのです。価値のある資格はやはりそれなりの難易度があります。
仕事論

若者へメッセージを贈るとしたら?経験豊富な世代が果たす役割とは

久しぶりに会った若者へ経験者のあなたからのメッセージを伝えるとしたら。かつての自分への応援だったりしませんか?でも本当は別の意味の方が大きいかもしれません。今の状況に不満があるなら、その状態で終わりにしたくないなら、早急にアクションを起こす必要があります。
仕事論

責任世代が目指すこと!大切なのは思い切ることではなく備えること

40~50代は若者よりも大きな責任を負っています。社会が激変しているため、従来のまま働くだけではリスクが大きいと言えます。会社が倒産するかもしれない。給与が大幅にカットされるかもしれない。安寧な環境などないとしたら責任世代はまず備えるべきです。
仕事論

それでも年齢を理由にしますか?後悔しないために中高年がすべきこと

年齢を理由にし始めるとみるみる行動量が低下していきます。情報だけは早めにつかんだ方がいい。すっかり消極的になってしまうと待っているのは「後悔」です。時間が日々失われていくことを自覚したなら、行動できるうちに動かないとチャンスを失います。
副業

転職しなくても経験は増やせる!副業を探すなら注目の3サービスとは

転職にはリスクがあります。だからブラッシュアップのつもりで副業をとらえ、実務経験を積む方法も堅実なやり方と言えます。本業を確保していることで生活面の不安は減少し、メリハリのついた時間の使い方をすることになります。これほど事業者を鍛える方法はないのです。
仕事論

スキルアップへの道!中高年世代は資格と経験のどちらを優先する?

中高年だと転職は難しいと言われます。資格をとるべきか、経験を増やすべきか迷うところです。でも今までの経験を活かすなら、そういうリクエストをしている職場を探せばいい。自分の得意を把握するためにも、自分の半生を振り返ることをおススメします。
未分類

サイトリニューアルのお知らせ ~仕事をテーマに~

経営者向けのライフコーチサイトから衣替えをすることになりました。考え方、マインドセットの重要性は言うまでもありませんが、現実面では仕事・お金の問題も無視できません。一般的にはお金を得るには仕事が必要で、仕事の選択により人生の充実度は大きく変わるはずです。
転職

ホントにその仕事でいい?「中高年の転職」の真の意味を考えよう!

今の職場、仕事に満足していますか?不満があるなら、それでも続けている理由はなんでしょうか?中高年世代は試行錯誤している時間はあまりありません。ましてや無意味にガマンをしている時間も。今まで蓄積した経験を自らのカードにして、新たなトライを始めませんか?
転職

自分の人生を選択してますか?転職はその方法の1つです!

ほとんどの会社員にとって生活費を稼ぐ仕事は続けざるを得ないものです。でも本意でない仕事を繰り返しているうちに本当の自分の声は聞きづらくなっていきます。でも仕事は自分の意志で変更できるものです。転職はその代表例の一つ。人生の残り時間を考えるならアクションは早いほどいい。
タイトルとURLをコピーしました