起業を試してみよう

    今回は新ジャンルとして
    「起業」シリーズをお届けします。


    新しいサービスを始めました。
    これから起業を考えている方向けです。

    起業のためのSパッケージ


    私自身は起業して長年の実績が
    あるわけではありません。

    長年の会計事務所の勤務経験から
    浮かんだことを書いていますが、
    実際に試行錯誤していることも
    いまだに多くあります。

    その途上にいるという前提で
    お読みいただければ幸いです。

    経営者として長年のご経験がある方には
    あたたかく読んでいただければと思います。

     

    ◆私が独立を決めた要因

    My Life Story にも書きましたが、
    ⇒ 私が人生から受け取ったもの ※別サイトが開きます
    職場のストレスが大きくなりすぎたのが
    決定要因でした。

    今までのように転職して
    サラリーマン生活を続けることも
    可能でした。

    懇意にしていた銀行担当者からは、
    転職ならいくつも紹介できると
    言われてました。

    社内で実にいろいろな分野の仕事を
    していましたから。

    ですが・・・。

    『本物』のライフコーチに出会ったこと。
    これが方向を確定させていました。

    「自分のやりたいことを見つけた!」

    この実感のパワーは強力でした。

    サラリーマンを続ける誘いには全く
    魅力を感じなかったのです。

     

    ◆事業に必要なもの

    人によって答えは異なると思います。

    お金?

    スキル?

    リーダーシップ?

    これらの要素は必要でしょうけど、
    起業してからでも遅くはありません。

    あとから身に付けることは可能です。

    ガレージからのスタートアップでも、
    世界レベルの企業になった例は
    いくつもあります。

    シンプルに、週末起業という方法だって
    あります。

    要は「したい」かどうかではないか
    と思うんですね。

    「したい」と思ったら、
    そこに意識のフォーカスを
    『しばらく』当ててみます。

     

    ◆わきあがる感情をコンパスに

    十分に動機が固まらない段階で
    思考をフル回転させると、
    せっかくの火が消えてしまいます。

    人間は未知の領域には不安を感じるように
    できているからです。

    やりたいことにフォーカスを当て続けると
    関連する情報が自然に集まってきます。

    意識がフィルターの役割を果たして、
    いつもなら流れ過ぎていく情報を
    キャッチしてくれるからです。

    判断はある程度情報が集まらなければ
    妥当なものにはなりません。

    そのうえで『感情』に着目します。

    私の場合、転職の際に「起業」は
    いつも候補に入っていました。

    過去の勤務経験を活かすなら
    ・記帳代行
    ・給与計算・社会保険事務
    ・PCのメンテナンス
    はいつでも可能でした。

    しかし・・・。

    サラリーマンと同じようなスタイルは
    やりたくないと思ったのです。

    何よりワクワクを感じませんでした。
    発展するイメージも描けませんでした。

    感情が「No!」を表現していました。

     

    ◆気軽に試してみよう

    ワクワクを感じながら行う行動は
    楽しいものです。
    心の声が正しい導きを示してくれます。
    このときのポイントを2つあげるなら・・

     

    経験こそ宝物

    あなたが選択したものは、
    成功でも失敗でも意味があります。

    実際に身を置いてみてわかることは非常に
    多いですから、結果だけが価値を持っている
    わけではないんです。
    経験するために生を受けているとも
    表現できます。

     

    批判を怖れない

    虎の威を借る存在はどこにでもいます。

    誰かを見ていて、あるいは本を読んで
    知ったつもりになっている人ですね。
    その知ったつもりのイメージと比較して
    あれこれ言うわけです。

    気にすべき批判かどうかは、その方の
    生きざまをみれば容易に判断できます。

    またいつもの友人たちや家族に相談しても、
    否定的な見解ばかり出てくることがあります。
    過去の自分にマッチした方だからです。

    批判への怖れがあると動けなくなります。
    自分を信じる強さが必要です。
    孤独に耐えなくてはいけないときです。

    関連記事

    1. 「お金のプロ」会計事務所も高コスト体質だった

    2. 持続化給付金の申請されましたか?

    3. 歩かなければ棒にも当たらない

    4. ビジネスパートナーの見つけ方

    5. 提供するもののイメージを固める

    6. 大事な情報はここからやってくる

    7. 今の環境でできること

    8. 個人起業で最初に手を付けるべきこと

    LINEでも発信中!

    LINE公式アカウント始めました。

     

    ここでしかお知らせしないものもありますよ、たぶん。

     

    友だち追加

     

    検索する場合には  ⇒ @euq3781t