ライフコーチからのメッセージ

社長こそライフコーチを

このサイトをご覧いただきありがとうございます。
すでに経営者であるか、経営に深い関心をお持ちの方が多いと思います。

ここでは「CEO」わかりやすく言えば「社長」向けのライフコーチサービスを提供しています。

お読みいただいている理由は何ですか?
もし繰り返しこのサイトにお越しいただいているなら、何を求めていらしたのでしょう?

私がライフコーチになるまでの顛末は関連サイトに詳しく載せてあります。
ご興味がありましたら、お読みただければ幸いです。
→ 一般の方向けライフコーチサイトへ  (別サイトが開きます)

 

◆私がもっとも関心を寄せているもの

実はビジネスコーチング・コンサルティングは、私のメインコンテンツではありません。

もし、事業プランをどうしようか・・とお考えなら、とりわけ薬を服用するように優秀なコンサルタントを入れたら魔法のように問題が解決するとお考えの方には、得るところがないと思います。

コンサルサービスは補完的な位置づけで提供しています。業務代行や経営相談などの形でビジネスをお手伝いしたこともあるのですが、最も強い関心はそこにはありません。信頼できてお客様と相性のよいサービスがあるなら、そうした専業者にお任せしたいぐらいに感じています。

事業においては成長ステージに応じてベストな解決方法は変化するものです。役にたつかどうか見極める力だって、まともな経営者であれば当然お持ちのはず。つまり遅かれ早かれ、必要とするだけの助けやリソースを調達して自己解決できることが多いのです。それでも残る問題意識は何を示しているのでしょうか・・。

私がメッセージをお届けしたいのは、ご自分の生き方に疑問を感じながら歩みを進めている社長さんです。自分に迷いがあったり、順調な事業にどこか違和感を禁じ得ない方たちです。売上至上主義で突き進んできたが、「このまま進んでいいのか」という疑問がどこから生じているのかを探っていきます。黄色信号がついているのをそのまま放置している・・まずいのではないかということに気づいている方が対象です。

 

◆ビジネスコーチングでは解決しない問題

もし何かビジネスで問題があって、その解決策を探しているとします。
コンサルを入れたが、思ったように成果が上がらなかったなら・・。

答えはシンプルです。
私ならビジネスを引っ張るあなた個人の問題が投影されていると考えます。

まして他の会社では有効なノウハウを適用しているのなら、少なくともその可能性が大きいと感じられませんか?

あなたが何かひっかかるものを感じるなら、それはあなたが考えるべき問題だから、あなたに対して意味を持つものだから・・ということと解釈しています。

 

◆誰にとっての問題か

一つ例を挙げてみましょう。

・売上が伸びない → 営業部長が悪い

この営業部長は失格ですか?別の人間に置き換えれば問題は解決しますか?
それとも給与減額など制裁を加えて、さらなる努力を要求しますか。

社長ご自身の問題ではない・・とお考えであれば、あなたの満足感は自分とは別のところ、この場合は営業部長に左右されることになります。
キーを握っているのは営業部長というわけです。

あなたは営業部長に十分理解されていますか?あなたと一体感を感じているのでしょうか?
あなた側からみても同様のことが言えます。十分に理解していますか?一体感を感じていますか?
この関係があなたの人生に何か意味を持つとするなら、いったいなんでしょう?

・・・どんな答えが浮かびましたか?

そういう方にあなたの満足感の命運を握られていることになるわけです。

 

◆本当に求めているものは何ですか

そもそも優秀なスタッフがいれば満足ですか。
順調に売上が達成できれば本当に満足ですか。

ビジネス自体が目的になってしまうと、答えは変わってしまいます。

仮に何千万とコンサルティングファームに投資しても、社長の一声で方針が変わりうるなら、大した成果にはならないことでしょう。決定権を持つあなたが変わらなければ、あなたの意に反する回答は表に出ることはなく、彼らの努力はほとんどの場合実を結ぶことはない・・とは思いませんか?

労多くして益少なし。これでは、やる気を失った社員が流出するというおまけもつくかもしれません。

 

◆本来の動機に立ち返る

あなたが起業したとき、生活できる水準が最初の目標だったかもしれません。
今なら従業員もいるしビジネスの仕組みもできてきた・・だから高みを目指したい。

こういう社長さんは、私の関心事であるステージとは違うところにいらっしゃいます。ただし非難しているわけではありません。

事業が軌道に乗るためには、がむしゃらに走る時期も必要です。
ロケットの打ち上げでは、リソースの大半は地球の引力圏を脱出するために使われます。
宇宙に出てしまえば少ないリソースでも進むことができるのです。

さて、起業した本当の目的について考えてみましょう。

売上の大きな会社をつくることだったのでしょうか。
お金を十分に儲けてしたいことがあったのではないですか?
あるいは「覚悟をもって自分の力を世に問うこと」が目的だったかもしれませんね。

私は、一歩一歩迷いながら歩みを進めている社長さんの力になりたいと思っているのです。

圧倒的な立場を背景に自分の不完全なところを相手に投影する生き方ではなく、
起きていることを自分事(じぶんごと)として謙虚にとらえている方。
そんな方にサービスを提供したいと考えています。

形のうえではオファーを出していますが、実際には人間性もみて判断しています。もちろん相性もあります。
お互い貴重な時間とエネルギーを投入するため、私からも面接させていただいているとお考え下さい。

自分と向き合うことを求めない社長には、きっと私のアプローチは届きません。
私はあなたご自身の問題としてとらえることを助けるライフコーチなのですから。

 

◆私の求める世界観

青筋立てて険しい顔をしていては、頑張っているのは事実でも、恐くて近寄ることができません。
静かな自信をもち楽しく生きている。そんな姿が理想です。

自分だけよくなればというスタイルでもなく、
自分を捨てて世に尽くすスタイルでもない。

まず自分を大事にできなければ、他人に与えることはできません。
このバランスの絶妙さ。

すべては自分を成長させるイベントであると考える。
そんな社長に魅力を感じます。

「自分事」として歩むこうした社長が一人、また一人と社会的な力を発揮し始めるときに起きること。
それは、こういう社長たちをモデルにする方々の爆発的な出現です。

我々は誰一人として誰ともつながりを持たずに生き続けることはできません。

接する方が、その人間性に惚れ込むような存在。
不安はあっても前進の足掛かりにさえしてしまう度量の大きさ。

こういう方が従業員を率いることになれば、社会に極めて有益ではないでしょうか。

いつしかは人生は終わります。
その有限の時間の中で、本当にやりたいことはなんだろう。向かっている方向は正しいのだろうか?

そういう人間としての問いに答えを見出したい社長に向けて、記事を書いています。
長文お読みいただいてありがとうございました。